ヘッドライトコーティング

愛車のヘッドライトの黄ばみ、曇り、スリ傷など
気になる表面の劣化をクリアにコーティングいたします
ヘッドライトが劣化している状態は愛車の印象を著しく落としてしまいます。
また劣化を放置しておくと、黄ばみや曇りによって光量が足りなくなり、夜間の運転中にヘッドライトが暗く感じたり、車検に通らなくなる可能性も出てきてしまいます。
ポリシャーを使いコンパウンドで磨けば、表面的には綺麗になりますが、それは一時的なもので、すぐ元に戻ってしまいます。

当社のコーティングはスクラッチリペアの技術を用いて、内部からの黄ばみや汚れ、細かいひび割れを完全に削り取ることでヘッドライト内部からの曇りを防ぎます。さらにプラスティック専用のガラスコーティングを施すことで外部からの影響を遮断します。
他の業者に依頼したが仕上がりに納得いかず当社へお任せいただくこともございます。
クリアにならなかったヘッドライトは是非ご相談下さい。当社では出張にて素早く、頑固なヘッドライトの黄ばみを除去し、再発防止のコーティング処理を行います。諦めて新品に交換するより、遥かに安いコストにて施工が可能です。

ヘッドライトコーティング施工事例

BEFORE
AFTER
コンパウンドの磨きで曇りが取り切れない案件です。スカッとキラキラなヘッドライトが復活しました!
BEFORE
AFTER
末期症状のヘッドライトでしたが、蘇らせることができました。ガラスコーティングにて再発も防止します。
BEFORE
AFTER
展示中古車のヘッドライト再生施工依頼です。ヘッドライトの輝きは成約率を押し上げます。

各コーティング施工料金

※ヘッドライトは左右セットの価格です。
アルミホイールは1か所(ホイールリム半周)の価格となります。
研磨・コーティングサービス 料金(税別)
ヘッドライトの黄ばみ(変色)、曇り、スリ傷 ¥6,000~
アルミホイール ポリッシュ・切削部のガリ傷 ¥6,000~

ヘッドライトの黄ばみの原因とは?

紫外線による劣化

車のヘッドライトの材質は「ポリカーボネート」という樹脂が使われています。
ヘッドライトの表面劣化(黄ばみや曇り)の原因は主に紫外線の影響による劣化が大半を占めていますがこのポリカーボネートは耐衝撃性や透明性が高い代わりに、紫外線にめっきり弱い性質があります。
紫外線にさらされることで樹脂や新車購入時のコーティングが劣化し変色が起きてしまいます。直射日光が当たる屋根のない駐車などの環境だとヘッドライトの劣化はより進んでしまいます。

傷による劣化

ポリカーボネートは衝撃に強い反面、傷がつきやすい性質があります。
洗車時のウエスでの拭き上げやブラシでの洗浄で間違いなくキズが付き、透明性が低下します。目に見えない細かな傷が積み重なり、そこから汚れが入り込むことで劣化が進み次第に黄ばみへと変化していきます。